FC2ブログ

“多国籍の学び舎”生活 

美しいアメリカの街で感じたこと、 学んだことを記録していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間的魅力の研究

PCを整頓していたら、出てきたので記録のために。
伊藤肇著。新潮文庫(1989)10-115321-3。引用元は開明堂

「たとえ、そいつが悪党とわかっていても、魅力があればどこまでもついていくし、反対に善人でどんなに立派なことをいっても、魅力がなければ、論理とか、イデオロギーだけではついていかない。それが人間である。だから、友を選ぶ場合には、何よりも気質、性格が合うことを第一として、主義主張の合う、合わないは第二にすべきであろう。」

「だが、その天才的魅力も一生涯そうであることは難しい。あたかも、美しい女が、ある短い時間だけそうであるように、肝腎な時期に天才であった人間が、その魅力を残すことになる。」

「思想とか、哲学というものは、目で読むだけ、頭で考えるだけでは足りない。声に出して読み、耳で聞かなければならぬのは、そこに宿る詩魂が問題だからである。」

「「他人の中傷に対して、どこまで弁解せずにおられるか、これを試してみるのも人間修練の一方法である。」宰相、吉田茂の指南番であった古島一雄の一言だが、これほど難しいものはない。特にインテリの最も悪いくせは、自分の行動を合理化することである。どうどうと愚にもつかない、いいわけをすることである。その合理化やいいわけを自らが遮断してしまうのだから、相当な強い意思力がいる。」

「人は、何事も起こらない毎日の暮らしのなかでは、地位や財産によって生きがいを得ているかのように思い込んでいる場合が多い。しかし、一度、逆境を経験すると、これほどもろく、はかないものはない、ということを知るだろう。」

「人間、ぬくぬくしはじめると、ろくな仕事はしない。しかし、追いつめられると龍が玉を吐くように命を吐く。」

「松永安左ヱ門のいう実業人が完成するための経験。浪人生活、闘病生活、投獄生活。即ち、地位・肩書のない裸の人間における交友関係、闘病における孤独感との対面、上り坂でなくなったときの襟度の正し方――ということ。著者いわく、「そのどうしようもないドン底に大の字になって寝ころがった経験があるかないかが、その後の人生に決定的に影響する」と。」

「しかし、人間が死ぬべき運命にあるという自覚をもつことは、そのことで悲観的になったり、厭世的になったりするためではない。逆に「死」は「生」を確認させる。つまり「死」を念頭に置くことによって、自分の「生」が真に「生」の名に値するか、どうかを問うわけである。」

「蔵本願経に「多逢聖因(たほうしょういん)」とある。いい人に交わっていると、しらずしらずにいい結果に恵まれる、という意味で、「多く聖因に逢う」ともよむ。人と人との邂逅は、たった一度きりのものであっても、それが終生つきまとって離れないことがある。全く「縁」という言葉でしか説明できないことがある。いや、人生はすべて「縁」にはじまる。」

「邂逅は、それ以前に、必ず、人生についての「問い」をもっていなければならないのだ。「自分はどう生きるか」という決して容易には解決できない「問い」を抱いていることである。この「問い」のない「邂逅」は、ただ単なる社交にすぎない。」

「人生とは、つきつめれば「邂逅」と「別離」の思い出に他ならない。そして、師でも、先輩でも、愛人でもいい、とにかく一筋の光明を与えてくれた思い出が人間を形成する。」

「いかなる失敗をやらかしても、「あの男に限って、そんなはずはない」といい、いかなる場合にも、味方にたってくれるのが古い友人というものである。しかし、そういうありがたい友人を持つためには、こちらも相手に対して真心をつくさねばならぬ。したがって、いい友人をたくさん持っている人は、その人自身もまた、信頼し得る友人であることの証明といっていいだろう。」

「諸葛孔明が『将苑』で記した人物鑑定法。1) ひとつの問題に対する判断を求め、その志のありかを観察する 2) 言葉でやり込めてみて、相手の態度の変化を観察する 3) 計略について意見を求め、知識を観察する 4) 困難な事態への対処から勇気を観察する 5) 酒に酔わせて本性を観察する 6) 利益で釣ってみて清廉潔白さを観察する 7) 与えた仕事の成果から信頼性を観察する 8) 柔だけでも豪だけでもないこと、また公正無私であること」

「才智、技能に優れるのは望ましいことだが、それだけでは人間として失格である。やはり至人となるためには、人に真心を尽くす。世間からいえば「うるさがられるほど思いやる」ことが大切で、それを老婆心というが、この老婆心は人に対してだけではない。学問の場合でも、まあ、これぐらいにしておこうというのが最もいけない。「もう少しこうしてみたらどうだろう」という老婆心がなければ進歩はしない。」

Vt+scean_convert_20100525093346.jpg

*Comment

人間的魅力の研究 

人物鑑定法
老婆心
の話興味あります。
本探してみよ。
本の題名は「人間的魅力の研究」ということかな?

これも写真がすばらしい!
  • posted by Yoichiro 
  • URL 
  • 2010.05/26 11:40分 
  • [Edit]

Re: 人間的魅力の研究 

はい、本の題名はその通り☆
  • posted by Suzuka 
  • URL 
  • 2010.07/07 20:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://diversifying.blog5.fc2.com/tb.php/129-3fa639b3

Menu

検索フォーム

プロフィール

Suzuka.K

Author:Suzuka.K
mail:suzuka0712@gmail.com

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援したい時、ぽちっとな。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。