FC2ブログ

“多国籍の学び舎”生活 

美しいアメリカの街で感じたこと、 学んだことを記録していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理不尽なネパールの慣習

ネパールにおける問題点を挙げればキリはありませんが、中でも
一番理不尽だなぁと思うのは、生理に関する慣習です。

聞けば聞くほど意味不明で、その慣習によって女性は誰一人と
して幸せになれないんじゃないかと思ってしまうものなのだけれど、
村々では綿々と続いているものです。

生理中の女性は不浄(ジュトー)とされ、その期間は
・キッチン立ち入り禁止
・水に触ってはいけない
・人に触ってはいけない
・木や植物に触ってはいけない(実をつけなくなるから)
・男性と目を合わせたり、話したりしてはいけない

等、様々な制約があります。
上記が基本的な制約で、場所によってもっと多くなるそうです。

ひどいところでは、生理中は人目に触れないように牛舎や人一人
やっと入れるくらいの穴倉に入れるとか(実際冬にそれをやって
寒さで死ぬ人も毎年いるとのこと。そこまでいくともう虐待。)
命に関わる怪我をしても、生理中の女性は穢れているからと誰も
触れたがらずにそのまま死に至るなどといったこともあるようです。

働き尽くめの女性たちが、その期間だけ隔離されることで数日
休めるのならいいのですが、そうではなく、穴倉のなかでは内職、
日が落ちてからの農作業(暗ければ人目に触れないため外に出ら
れる。けれど、危険が伴う)があるため、休むわけにはいきません。

イギリス人のクラスメートが、農村の家庭でホームスティ中に突然
生理になってしまった時は、色々と大変だったようです。

歯磨き一つするのも、その家の妹さんにコップ一杯の水を持って
きてもらって、それを流してもらって歯磨き。水を飲むのも誰かに
頼まなければなりません。部屋から基本的には出られません。

ネパール人家庭も少し申し訳なさそうにするものの、整理中は不浄
であると心底信じていて、彼女がおどけて「水、触っちゃうよー?」と
蛇口や井戸に触る振りをすると、血相を変えて「わっダメダメー!」と
すっとんで来て、彼女のかわりに水を汲むのだそうです。生理中の
女性が水を触ると穢れ、樹に触ると実がならなくなるそうです。

「ホンット、ストレスフルな4日間だったわ。私はステイは一ヶ月だけ
だったけれど、一生ああだったらやってられないと思う。」

イギリスにいれば、何の不自由もなくすごせるし、そんなことをいちいち
人に言わなくてもいいのに、ネパールの家では生理期間であることを
申請の上、何も一人ではできないなんてどんな嫌がらせだろう。

この習慣は、「女であることが不浄であること」や、不便さや女性の
劣等性を否が応でも、毎月、脳にインプリンティングさせるという強い
効果を持つ習慣です。毎月毎月、不自由な生活の中で、穢れた女と
いう性を持つことを強烈に認識させられるイベントです。

ネパール山村の女性たちは、何でこんな理不尽な状況で・・・と
私が思うような場合でも文句一つ言わずによく働きますが、自己
認識が低く、自己否定感が強ければ(なんといっても卑しいので)
我慢強くもなるものです。

また、浄・不浄の考え方は、「カースト上位のものは不浄のものを
清められる」という点でカースト上位者にとっても都合がよく、社会
階層の固定化にも一役買います。

最初は何らかの理由で生まれた概念が、社会構造として固定化され、
そこからくる既得権益層が生まれて、概念を再生産するという構造が
見られます。

日本でも、平安時代はその日は忌み日とされ、女性は別棟に篭った
とのことですが、でもそれ、1000年前の話です。今は21世紀。

ああ、本当に目障りで理不尽で屈辱的な慣習。
でも当の女性達自身が、不便さにも関わらず、その慣習を母から
娘達へと受けついでいっています。

次の世代には、それを持ち越させたくない。
パブリック・アウェアネスを高め、行動に変化を起こさせるのは、
ソーシャル・マーケティングの基本であり、そのアプローチ先は
状況に応じて、学校などの教育面から、広告を出している企業
(サニタリー品企業など)、法律の制定を行う行政、宗教的指導者
まで多岐に渡ります。

さて、どういったアプローチが有効なのだろう。
村での話を聞きながら、そんなことを考えていました。

家の入り口
家の入り口。とても暗い。女性が入れられる「家の外の小屋」はもっと暗く、狭く、湿っている。

洗濯をする女性たち
洗濯物をする女性たち。畑仕事、内職(編み物など)、洗濯、子供の世話、料理など、多くの仕事を彼女たちはこなす。

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.02/12 11:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

大変みたいですね。
おそらく、慣習や文化の違い。
いや、そんな簡単に片付けられない話なのかな。
歴史や、宗教的な影響もあるのかも。。。
まずは、体調の回復を優先してがんばってくださいね
無理しないでね!



  • posted by Yoichiro 
  • URL 
  • 2011.02/24 13:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

ありがとう!
もう体調万全です。

地球の裏側の人と普通に話しが出来て、人類が月へ行く時代に、前時代的なこと言ってんじゃないよっ と、飛び蹴りしちゃいたいところです(笑)
  • posted by Suzuka 
  • URL 
  • 2011.03/09 07:17分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://diversifying.blog5.fc2.com/tb.php/159-27df2e7e

Menu

検索フォーム

プロフィール

Suzuka.K

Author:Suzuka.K
mail:suzuka0712@gmail.com

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援したい時、ぽちっとな。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。