FC2ブログ

“多国籍の学び舎”生活 

美しいアメリカの街で感じたこと、 学んだことを記録していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村の風景1-ブンガマティ村

家主さんがカトマンズから20 分ほどの、「ブンガマティ村」を案内してくれました。

排気ガスにまみれたカトマンズ市内を10分ほど郊外に向かって走ると、すぐに田園風景になります。
P1030834.jpg

バイクタンデムで連れて行ってもらいました。
道を行く人が多くなると、集落が近づいてきているとわかります。
P1030839.jpg

入り口には大きなため池。女性が洗濯しています。
P1030840.jpg

広場は結構な人がいます。脇の小路を行くと。。。
P1030842.jpg P1030844.jpg

小路沿いにはネワール美術の木彫師さんの工房とお店があります。
本当に美しい木彫りのピーコック・ウィンドウが手の届くお値段。
日本ではこんなの買えない!と思わず買いそうになりました。
が、置く場所がない&土産として日本へ送っても、壊れずに届くか甚だアヤシイ、という点で断念。
P1030846.jpg

女性達が井戸端会議。お米や粟、雑穀を干したり、発酵させてお酒を作っている最中だそうです。
P1030850.jpg

「コミュニティ・トイレ」海外援助団体の影がチラホラみえます。
P1030852.jpg

家主のカマルさん。
P1030853.jpg

木彫りの職人さんパート2。
中国から注文された、像のお立ち台部分を彫っているそうです。
P1030855.jpg

遊ぶ少年達。男は男だけで集まって(職人さん以外は大体遊んでる)、女は女だけで集まって(洗濯か織物や加工品づくりの内職をしている)、両者が一緒にグループで外で話しているのはとんと見かけませんでした。
P1030863.jpg

いたるところにいる鶏。自由に歩き回っているが、誰がどの鶏を所有しているかはきちんときまっているらしい。
P1030869.jpg

こういう看板を見ると気になっちゃう。とりあえず入って話を聞きたくなる。資金はどうやって回していて、どういった人を使っていて、誰がターゲットで、教材はどうしているのか、、、とか立ち寄って聞きたくなるけれど、家主さんがいたので断念。
P1030870.jpg

帰り道。
P1030874.jpg

市街に入るととたんに渋滞。
P1030877.jpg

週末は大体、どこかの村々を訪ねています。

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.02/28 10:16分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.02/28 10:21分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.02/28 10:33分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.03/01 10:02分 
  • [Edit]

NoTitle 

いえいえ、いつでもどうぞ。
家主さんとは英語での会話です。村人への質問は家主さんが訳してくれます。
  • posted by Suzuka 
  • URL 
  • 2011.03/03 23:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://diversifying.blog5.fc2.com/tb.php/160-53932eaf

Menu

検索フォーム

プロフィール

Suzuka.K

Author:Suzuka.K
mail:suzuka0712@gmail.com

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援したい時、ぽちっとな。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。