FC2ブログ

“多国籍の学び舎”生活 

美しいアメリカの街で感じたこと、 学んだことを記録していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メシを食っていく手段/食わせる手段

私はどうあっても自分でメシを食っていける自信があります。

一つは粗食で大丈夫、まったく問題ナシ、という粗食体質と物欲のなさから。
もう一つは、最低限必要なお金を稼ぐために、自分の持っている資質をどのように活用すればいいかがわかっていて、いくつも選択肢をもっているからです。実際働いてみて稼いで、また奨学金のバックアップも頂いて、全くもってお金に困らない状況でいられる現状には、本当に感謝しています。

けれど、開発という「もうからない」分野に身を置いても、沢山の子供たちの面倒をみたり従業員を抱えてもそれが可能か?と言うとまだ自信がありません。

以下、再度登場の大前氏「知の衰退からいかに脱出するか?」より、
メシを食っていく三種の神器について抜粋。

「メシを食っていく手段」には、"三種の神器"がある。それは、「英語」「ファイナンス」「IT(それを駆使した論理思考、問題解決法を含む)」で、この3つは必須項目である。

「英語もITもファイナンスもわからんがわしゃ豊かだ。食ってける」と言う大農場主もいるように必ずしも当てはまるわけではないけれど、確かにこの3種に精通しているのは経済的確立をもたらす上で強みとなるのは事実です。悔しいけれど、英語という手段があるだけで、アクセスできる情報量は格段に広がります。ファイナンスを知っている人のところにお金は集まります。
これら3種の必須項目を完璧にクリアした人は、お金持ちになれます。

けれど、これらに精通しまくっている超頭のいい人たちに「倫理観」がなければ、自由競争の中での富の一極集中と貧困という状況に陥ってしまう原因にもなるのではないかな、とも思います。

貧困国での権力者の話を読み進めながら素朴に疑問に思うのは、「何で一つ道を隔てた向こう側で子供が餓死しているのに、ラグジュアリーな部屋で立派な服着てシャンパン飲めるんだろう?」ということ。そして、貧困国・債務国の権力者の部屋では必ずと言っていいほどこの3種に凄まじく精通した人たちが一緒にお酒を飲んでいたりします。まぁ、そこまでいくとエコノミック・ヒットマンの世界ですね・・・。

これら3種に精通している相当リッチな人がみんな守銭奴ともHeartless personとも思いません。彼らだって、そんな中で飲むお酒は美味しくないはずです。けれど、アタマがよくて経歴もすごく立派で、でも、心が抜け落ちてしまっていると疑いたくなるエリートがいるのも事実です。「Not only brain, heart and guts feeling is needed (頭だけじゃなくて、心と腹でも感じなきゃね)」と友人が以前表現していたのを思い出しました。(ハラで感じる。ガッツ・フィーリングってなんか素敵な表現です。)

この閉じられた地球の中では、誰かを踏みつけにして悲惨な人生を送らせつつ自分だけがいい思いをするというのはもう成り立たないと思うのです。

騎馬民族の時代ならば確かに、「略奪→逃げる→誰もおいかけてこられない→やり逃げOK」という図式が広大なユーラシア大陸などで可能だったのかもしれませんが(歴史的にはそうだったと思う)、この狭くなりネットワーク化した世界では今やそれはできなくなってきているはずです。

いいことはいいことになって返ってきて、悪いことは悪いことになって返ってくる図式が、ちゃんと成り立つようになると思うのです。また、私たちはそうしなければならないとも思います。

他の人を富ませることは、自分を富ませることと同じである。そう思って、自分だけじゃなく、他の人も食わせられる手段を、開発という世界で出来たら、と思っています。

以上、本日のグローバリゼーションの授業の後に思ったことでした。
(ちなみに今日の主題は経済危機と債務。) 

CIMG7175_convert_20090514161928.jpg
寮をでてすぐ右側の景色。大樹です。とってもキレイ。

ウィンク

*Comment

NoTitle 

木は同じ種類でも国によってなぜか雰囲気が変わるのよね。写真もごっつアメリカぽい。空気が綺麗そうな場所で羨ましい!

大前さんのは「メシを食っていく手段」というより、「お金をたくさん稼ぐ手段」としての三種の神器ではないでしょうか?
そして、これらはあくまでも目的ではなくて手段なので、それを活かせるコミュニケーション能力も必須かもしれませんね。

大前さんは簡潔に解り易くまとめようとしただけだと思うけど(笑)
  • posted by テツ 
  • URL 
  • 2009.05/14 20:11分 
  • [Edit]

メシを食っていく手段/食わせる手段 

アフリカ程に極端では無いのですが、
通勤の満員電車でも、そういう人居ますね。
隣の他人のことが考えられない人、自分だけ良ければの人。
さすがに、身近に遺体は転がってませんが、
東京はそういう心が抜け落ちた人達は多いのではないかなと思います。
世界規模で考えると、今でもそういう不幸な国や人たちはたくさんいて。
そういう人人達のこと我々ももっと考えないといけないですね。心の目で。
いいお話でした。

ところで豚インフルエンザは大丈夫かい?





  • posted by Yoichiro 
  • URL 
  • 2009.05/14 20:55分 
  • [Edit]

NoTitle 

>てつ 元気?にゃんこかわいいねー。肝臓はくれぐれもいたわるのだよ。
空気はきれいです。何せ、樹と人口の比率が都会とは違うから(笑)

>Yoichiro 東京は人口密度が高すぎて、隣の人のことを気にしすぎるとストレスになっちゃうと何かの本で読みました。私は日本には良心のある人がたくさんいると信じたいクチです。
新型インフルはNYならいざしらず、ここでは全く音沙汰ありません。やっぱり、広くて人が集まってないからかなぁ。
  • posted by Suzuka.K 
  • URL 
  • 2009.05/17 16:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://diversifying.blog5.fc2.com/tb.php/48-b6a000e9

Menu

検索フォーム

プロフィール

Suzuka.K

Author:Suzuka.K
mail:suzuka0712@gmail.com

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援したい時、ぽちっとな。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。