FC2ブログ

“多国籍の学び舎”生活 

美しいアメリカの街で感じたこと、 学んだことを記録していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルに、意思をもって/プレゼンのコツ

『表面的に「よかったよ」と言われて終わりな場合もあるし、たった5分のプレゼンでも「面白いことを言う奴だ、もうちょっと話が聞きたい」と後から詳細を聞かれるようになることもある。前者と後者では、その後の展開が全く違うようになる。私は、大学院を出た人ならば、人前で話すことには責任が伴うと思っている。ここで失敗するのはかまわない。ここで得たことを次に活かせるかどうかが最も重要だ。』

すごく準備をしたにもかかわらずボロボロなプレゼンをして悔し泣き状態の時に先生から言われた印象的な言葉です。先生の話し方からは、生徒を人前でインパクトと意思をもって話せるように育てようという意思が感じられました。

大学院でのプレゼンテーションを何度も経験して失敗して、以下のように思います。

伝えたいことを全部伝えるのは不可能だし、聞いている相手も細かいところは覚えていません。それよりも、驚いたり、感心したり、何かを発見したり、感じ入ったり、恐れたり、共感したり、希望を持ったりと何らかの感情(気持ち)に触れたときだけ、そのプレゼンテーションは人の心に残るものになります。

まずは聞く人がどんなコンディションで来るのかを把握すること。同時に、自分が相手に何を伝えたいのかをクリアにすること。英語で色々説明しようと身構える必要はなく、シンプルでインパクトのあるメッセージであればあるほど効果的。そして、伝えたい内容をサポートする分かり易い例やストーリーを相手にあわせて用意し、その物語に相手を気持ちごと引き込むこと。

それらのコツがわかってきて、プレゼンに対する気持ちが大分楽になってきました。そして、何度目かのプレゼンでよい反応が得られ始めると、少しずつ自信になってきます。まだまだだけれど、頑張ります。

CIMG7178_convert_20090518061740.jpg
伝えたいことが伝えられなくて苦しんでいた時、私のメンターとも言える留学における大先輩が「伝えることを絞ってみては。流暢に使いこなせる日本語でさえも伝えるって難しいからね」という趣旨のアドバイスをくれたことがありました。やっとその意味が実感としてわかってきました。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://diversifying.blog5.fc2.com/tb.php/49-34b8bef7

Menu

検索フォーム

プロフィール

Suzuka.K

Author:Suzuka.K
mail:suzuka0712@gmail.com

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援したい時、ぽちっとな。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。