FC2ブログ

“多国籍の学び舎”生活 

美しいアメリカの街で感じたこと、 学んだことを記録していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポートにやられてます(2)

日々クラスメートがどんどん寮から出て行き、寂しくなる毎日です。
残ったクラスメートとカフェテリアで顔を合わせると、「どうよ、最近?」
と会話が始まります。
しかし、中学生のときに習った、How are you? How’s it going?をこれほどまで毎日使うとは思いませんでした。

「レポート終わった?」
「うーん、まだ・・・」
「何が残ってるの?」
「平和教育と、グローバリゼーションと、社会起業プラン事業計画書」
「・・・・いっぱいだね、がんばってね」
という会話を何度したことだろう。

そんな中、どたばたで寮からでて、一時的な友人宅への引越し完了。
近くにベッドがあると寝てしまうので、学校の教室に立てこもり中。
今日は久しぶりに徹夜になりそうです。

夏季休暇に向けては、夢一杯です。
こんなに書くことに苦しまなくていいよう、もっとインプットを。

というわけで、本を沢山読む夏にしようと決意しています。

古典的な有名本を原語で読むぞー!
ドラッガーを読むぞー!
成功法とか恋愛ハウツー本とか読むぞー!
ハラハラのシェルダンを読むぞー!
あほくさい本もいっぱい読むぞー!

リーディング・アサインメントさえ満足にこなしきれなかった中で、
好きに本を読むのが罪悪感で、読めていなかったのです。

オススメ本あったら、教えてください。
読んだ本報告、します。

その前に、終わるかしら。レポート・・・orz
本もって、どこかへ旅にいきたいなぁ。

P5230077_convert_20090528124019.jpg

先日、汽車に乗っていたら、列車ハイジャック犯に扮した二人が乗ってきました。(乗客を楽しませるためで、車掌さんとは事前打ち合わせ済み)この国のそういう遊び心が、好きです。

*Comment

科学で恋愛を考える 

日本の本ですがこれなんかどうでしょうか。

『”ちょっとした一言”でわかる恋愛心理』 大和書房 580円

本自体はまだ読んでませんが、共著者である上原さんの恋愛に対する考え方は
非常に単純明快なので間違いなくいいと思います。



少し古くなりますが、下の掲示板にその上原さんの恋愛相談があります。
おそらくほとんどの恋愛のケーススタディが網羅されていると思います。
過去ログを全部見ると分かりますが、結構同じ質問をする相談者が多いこと多いこと。

http://www.renaikagaku-a.com/nbbs/monobbs.cgi
  • posted by たかはし 
  • URL 
  • 2009.05/28 11:40分 
  • [Edit]

読んでるかもしれないけど。。。 

いやいや、先生!
アタクシと同じ様な勉強してるじゃないですか!
帰ってきたらいろいろ教えてください。

でね、思いっきりスタンダードなんだけど、

Anthony D. Smith: NATIONAL IDENTITY とか、
Allan Bloom: THE CLOSING OF AMERICAN  MIND (超大作!)とか、
ちょっと前に流行ったイスラムもので
Bernard Lewis: THE CRISIS OF ISLAM 
とかは?

関連して、日本のだと、
佐伯啓思『「アメリカニズム」の終焉』(TBSブリタニカ)
や、古矢旬『アメリカニズム-「普遍国家」のナショナリズム-』(東京大学出版会)とか、
個人的にすごく役立った!と感じたのが、
田中明彦『新しい「中世」21世紀の世界システム』鴨武彦『パクス・デモクラティア』(共に東京大学出版会)かな。
あとは案外使えたのが
青木保『文化の否定性』(中央公論社)
学部のテキストレベルのことが書いてあるんだけど、
日本人にはない視点だった覚えがあります。

他、原作はフランス語で、日本語訳されている
アラン・マンク『民族の復讐-新しい世界観の構想-』(新評論)
などが私の(埋もれた)修論の礎になったものたち。

民族とかナショナリズムとか、
帰属意識の視点から政治を見ていて、
それぞれの学者のバックボーンは経済学者だったり、
文化人類学者だったり、文学者だったりと多様。
しかも、10年以上前に出版されているので、
今では解決されたものや、見当違いなモノ、
いまだに泥沼なモノまで多数あるわけですが、
何かとスタンダードな視座を持ちつつ、
鋭く切りつけられると思います。

特に、著作はそんなに多くないですが、
鴨武彦や田中明彦さんは英米の大学で
結構な回数講演していたはずなので
それなりに説得力あるとおもう。

あとはお楽しみで、某出版社のGeMオススメの
石川拓治『奇跡のリンゴ』(幻冬舎)がいいかも。
絶対ムリ!といわれた無農薬リンゴを
10年掛けて本当に作っちゃったおじちゃんの話。
リンゴも有名なバーモントならではのネタになるかも。

日本の、もし『買えねぇよ!」ってなったら言ってください。
送りますよ!
  • posted by あらーきぃ 
  • URL 
  • 2009.05/30 06:57分 
  • [Edit]

ありがとうー 

>たかはしさん
私、恋愛で悩んでるとかで読みたいんじゃなくて(笑)、英語で読んだらわかりやすいし心理もついていそうだから面白そうーって動機です。
高橋さんからそのサイトが紹介されるのがなんか面白いっす。

あらーきー
奇跡のリンゴは確か見た気がします。感動ですよね。
アラン・ブームの大作も面白そう。
丁寧に、ありがとう~!
  • posted by Suzuka.K 
  • URL 
  • 2009.06/01 02:08分 
  • [Edit]

レポートにやられてます(2) 

遅くなりましたが、

これこないだ買って今読んでます。
>人生を劇的に変える東国原式勉強法

もと芸人ですが。
やる気がでてくるかも。














  • posted by Yoichiro 
  • URL 
  • 2009.06/08 23:47分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://diversifying.blog5.fc2.com/tb.php/56-636a9e79

Menu

検索フォーム

プロフィール

Suzuka.K

Author:Suzuka.K
mail:suzuka0712@gmail.com

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援したい時、ぽちっとな。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。